母子手帳ケースは革のジャバラ式がおすすめ

●見た目の高級感も素敵

赤ちゃんグッズは可愛いものも多くて、ついついそういったものを選びがちですが、今はよくても、あとあと使いにくくなってしまう事も多いものです。

母子手帳は何年にもわたって使い続けるものですし、母子手帳ケースもそれに伴い長く使っていくものです。

余りにかわいらしすぎるものは後で使いにくくなるので、後々になっても愛用できるようなものを選んでおくとよいでしょう。

もし母子手帳ケースが必要なくなっても、ケースだけを他の用途で利用できるようなら利用の幅も大きく広がります。

日常の貴重品入れやポーチとして活用することもできます。

母子手帳を入れるだけのことに、それほどお金を掛けたくないと思っている方もいるでしょうが、こうした形で長く活用できるとなればちょっといいものを選んでもいいですよね。

革なら外で出しても恥ずかしくありませんし、むしろ高級感が素敵に見えます。

ファンシーな子供用の柄のものを購入してすぐに使わなくなってしまうよりも、革で良いものを購入して長く愛用し、子育ての思い出とともに長い年月を過ごしていくこともできます。

これからの長い子育てを支えてくれる、ちょっといい品物を購入してみるのがおすすめです。


●使いやすい母子手帳ケースはジャバラ式

母子手帳ケースにとって必要なことは、母子手帳とともに持ち歩きたいものを一緒に入れることができるだけの機能性があるかどうかという事です。

大きさはもちろんですが、ただの袋というだけでは、取り出しにくく使いにくいものになってしまいます。

まずは母子手帳自体が、取り出しやすい大きさのポケットを備えているものを選びましょう。

ぴったりサイズではなく、少し緩みがあるくらいの方が出し入れしやすいのでお勧めです。

取り出しやすさを考えると、やっぱりジャバラ式がお勧めです。

中身がパッと見で見えるので、母子手帳や保険書、また診察券等すぐに取り出すことができますよ。

これ、母子手帳ケースを選ぶうえでの重要なポイントと言えます。

また、ペンを一緒に使うことが多いので、ペンホルダーがあるものを選んでおくと便利です。

気になったことを書き込んだり、問診票を書き込んだりするときに使えます。

メモ帳なども一緒に入れておくと必要なときにメモが取れますし、何もないときに子供がぐずり始めた時、お絵かきでなだめることもできるので便利でしょう。

それ以外に、カードポケットがあるとより便利さが増します。

保険証や診察券など多くのカードを母子手帳といっしょに持ち歩きますから、そういったものをきちんと収納できるものが良いでしょう。

こうしたポイントを抑え、さらに長期間使える質の良いものを選ぶという事が、使いやすい母子手帳ケース選びのポイントといえるでしょう。

母子手帳ケース人気|飽きのこない“天然ヌメ革”がお勧めですのトップページへ